ギヤ比変更の一例

 

みなさんこんばんは!リールメンテナンスドットコムの内田です。
本日はギヤ比変更の一例のお話です。

08ステラSW4000PGをXGにして欲しいというご依頼をいただきました。

 

スピニングリールの場合、同じ年式のモデルで、PG/HG/XGが存在すれば、理論上はギヤ比変更可能です。

今回のような08ステラSWシリーズは、PG/HG/XGモデルが存在していますので、可能ということになります。

シマノさんのスピニングリールは同じ条件で可能ですが、ダイワさんのリール、特にデジギヤ以降のスピニングリールはギヤ変更ができません。
これは、ダイワさんのリールの部品の一部が、仕入れができない「メーカー修理対応部品」であるためで、ギヤやマグシールドは全て「メーカー修理対応部品」となっています。
弊社でオーバーホールを承り、ギヤなどの交換が必要な場合は、弊社からダイワ(正確にはスポーツライフプラネッツ)さんに部品交換依頼に出す形で対応可能です。
別途工賃はかかりませんが、お時間がかかってしまいます。逆に、ギヤ変更は改造になるので、同じ依頼は基本的には受け付けていただけませんが、一部リールについてはギヤ変更可能なサービスもあるようです。別途工賃はかかりますが、弊社からも、お近くの釣具店さんからも依頼できますので、お問い合わせをされて見ては。。。
シマノさんの場合は、「自己責任で」という条件付きで、弊社から問い合わせを入れた場合は、技術情報(互換性)も教えていただけます。

この辺りが、各メーカーさんの対応と姿勢の違いでもありますよね。。。。。

ベイトリールも似たような感じですが、こちらはギヤのハウジング(ボディに入るかどうか)が関わってきますので、お問い合わせいただければ、お調べいたします。

今回のご依頼は、オーバーホール+ギヤ変更でした。
08ステラSW4000PG

オーバーホール時、不具合部品なし、工賃5,800円(税別)
ギヤ変更工賃3,500円(税別)
XGギヤ部品代7,500円(税別)
ご請求 16,800円+送料+消費税 でした!

リールメンテナンスドットコム 内田