磯用レバーブレーキリールも作業可能です。

みなさんこんばんは!リールメンテナンスドットコムの内田です。
弊社では、ルアー用のリールだけではなく、磯釣りで使うレバーブレーキリールのオーバーホールも承っております。

レバーブレーキリールは、内部構造がやや複雑ですので、工賃5,800円(税別)+不具合部品代実費となります。

本日も、レバーブレーキリールの作業がありました。

 

 

プレイソ2500H-LBDです。

水没してしまったということで作業承りました。

ピニオンギヤ上部、ピニオンギヤ下部、ドライブギヤ左、オシレートギヤの4箇所のベアリング交換だけで済みました。

特にその中の2個は、完全に固着して錆び付いていました。

こちらもマグシールド搭載機種です。マグシールド色々言われてますが、今回はきちんと防水機能を果たしていました。

マグオイルも飛んでいませんでした。
水没はどのような構造でもリールには一番大敵です。昨日のお話以前も問題です(笑)

水没されたら、可能な限りリールから水分を出して、早めにメーカーや弊社などの業者へご依頼ください。

今回のお客様も下手に使わずそのまま出していただいたので、ベアリング交換だけで済みました。

過去に「大丈夫だろう」で使い続けられて、ギヤ全交換にまでなってかえって高くついてしまった事例もありました。

それ以前に、落とさないように気をつけましょう。。。。。

ご請求 10,200円(税別)+お返しの送料実費でした。

レバーブレーキリールは構造がかなり複雑で、組み立てバランスも普通のスピニングより難しいです。

挑戦されることは止めませんが、分解初めてでいきなりレバーブレーキリールへの挑戦はお控えいただいた方が無難です。。。。
部品がピンピン飛びますよ(笑

リールメンテナンスドットコム 内田