これだけ毎日作業をしていても、リールを分解するまで原因はわかりません!

みなさんこんにちは!リールメンテナンスドットコムの内田です。
今日はつくづくと初心に返るのが大事だと痛感しました!

ご依頼リール 05イグジスト2004

症状:ハンドルを回転させるとシャリシャリとした感じ、異音もする

 

分解前に必ず回転テストをします。

自分の感想「こりゃあダイワ独特のギヤノイズっぽいな。。。作業して変わらなかったら、ギヤ交換するかどうかお客さんに聞いてみなきゃ。。。」

 

さてさて分解です。

 

 

分解してベアリングの磨耗テストをしてビックリ!!!!

1回転でわかるくらいベアリングがザラザラのものが、なんと5個もありました。

 

・ハンドルノブのベアリング2個

これは数日前のブログでも紹介しましたね。

 

・ピニオンギヤ上部のベアリング

ザラザラと結構ないい音が出てらっしゃいます(笑

 

・ドライブギヤ左右のベアリング

こちらも結構ザラザラです。

 

以上4個交換し、オーバーホール、組み込みテストしてビックリ!

 

軽い軽い!巻き心地バッチリ!しかもギヤは「当たり」個体!!!ノイズがほとんどありません。。。。。

 

きっとユーザーさんも喜んでいただけると思います。

 

ご予算ですが、工賃4,700円、ベアリング4個交換だけで済んだので、9,700円(税別)+送料でした!

このリールはエリアでご使用の淡水使用だったんですが、弊社では日頃はソルト使用のリールの扱いの方が多いので、

ベアリング不良といえば、ゴリンゴリンのシャリンシャリンというイメージ。

ところが今回お預かりのリールはエリア使用ですので、ベアリング塩がみはほぼ考えられません。

そんな先入観から、「ギヤノイズだ!」と予測を立てた自分がバカでした(笑

 

よくお客様に「だいたいどのくらいかかりますか?」とお問い合わせいただいた時には、

「分解して検証しないと予算は出ません」とお応えしていますが、まさにその実例!しかも安く済んだ方の実例です!!!!!

やはり弊社の作業方針は間違っていないような気がします。ご予算面では皆様出す前にご不安になられると思いますが、

やはり分解検証してきちんと交換が必要なところだけ計算するのが、本当の見積もりだと思います。

 

 

リールメンテナンスドットコム 内田