ケミカルの重要性

みなさんこんにちは!リールメンテナンスドットコム の内田です。

 

本日は久しぶりに技術的なお話を。

ケミカルのお話しです。

リールに使用する、グリスやオイルを弊社では総称してケミカルと呼んでます。バイク業界の方なんかはよく使ってますよね。

 

弊社ではオイルやグリースは、オリジナルで業者さんへ頼んで作ってもらったものや、ヘッジホッグスタジオさんなどのカスタムメーカーのオリジナルケミカルなど、リールの使用用途、種類、大きさ、施工箇所によって様々なものを使用してベストな状態に仕上げることを目指しています。

特に弊社オリジナルのソルト用の高耐圧グリスは、ソルティガやステラなどでベストマッチしたときには、お客様共通で「ヌメヌメした新品みたいになった」とご好評いただいております。

(弊社オリジナルグリスは販売しておりません)

 

そんな中で、この度新たなケミカルがラインアップされました。

 

 

BOREDさんのMETHODシリーズです。

あまりにも有名なメーカーさんで、何を今更とツッコまれそうな新採用です。

 

性能の素晴らしさはすでにご使用されているユーザーさんも多いですし、成分拝見すればどれだけその内容が素晴らしいか、ある意味使ってみなくても予想がつく素晴らしい内容です。

 

弊社模倣サイト(完全パクリサイト)の件でSNSに投稿した内容へのご意見で、BORED内藤さんと巡り合わせていただくことになりました。まさかこのタイミングでお取引が始まるとは(笑

 

 

早速使用をはじめていますが、第一印象としてはオイルの種類がまるで弊社のためにご用意いただいたのではと思えるほど充実してます。まさに痒いところに手が届く的存在。

RMD的なオイルの使用用途はまた後日ご紹介しますが、赤いのと茶色いのがすごく欲しかった粘性です!

グリスは想像通りでしたが、ちょう度0番の2種類(THG LDG)は多種多様のリールに使用できる感じです。もちろん適材適所なのですが。一瞬「本当に00番?」と思えるほどのフィーリングですが、のせてみたら確かに0番だという感じでした。

ちょっとマニアックな路線に話が行きそうなので、この手のお話は後日じっくりと。。。。。。

 

弊社使用のケミカルのマストアイテムとなりました。

後日入荷のDELTAの使用感を試すのが楽しみです!

 

 

リールメンテナンスドットコム  代表 内田